禁煙して自信を持つ男性

絶対やめられない、禁煙はそう簡単じゃない、恐らくあなたの考えは正しいです。でもだからこそ、完全に禁煙できてしまった時のあなたは、相当かっこいい!ほら、想像してください…自分の可能性を信じてみたくなったでしょう?

禁煙する為にまず重要なこと

禁煙するためにまず重要なことは、誘惑に負けない強い意志をもつことです。「このままタバコを吸い続けたら死にますよ」と医師に忠告されて、ピタッとタバコをやめたという話はよく聞きます。タバコを吸いたいという誘惑を上回る強い意志があれば、禁煙は成功します。知識を持つことも重要です。タバコを吸っている人の7割はニコチン中毒者です。タバコを簡単にやめられる人は、中毒になっていない残りの3割の人でしょう。ニコチンの中毒性はモルヒネやヘロインのような麻薬にも劣らないと言われています。一度中毒になってしまったら、意志の力だけでやめるのはかなり大変です。とりあえず禁煙にチャレンジしてみて、自分が中毒になっているかどうかを確認してみましょう。簡単にやめられた人は、まだ中毒になっていなかったということでしょう。どんなにやめようと強く思っていてもやめられない人は、中毒患者になってしまっている可能性が高いので、病院を受診することをお勧めします。病院ではニコチンの依存効果を和らげる薬の処方をしてくれます。保険が適用されるので3割負担ですみます。なにより、自分の苦しさを理解してくれてはげましてくれる人や仲間がいると心強いでしょう。ニコチン中毒になると、タバコを吸いたくてたまらなくなります。タバコを吸いたい衝動の強さは個人差がありますが、麻薬にも匹敵すると言われているので半端なものではないでしょう。しかし、その衝動はそう長くは続きません。3分程度我慢できれば、落ち着くことができると言われています。タバコを吸いたい衝動に駆られたら、「タバコを全て捨てる」、「ライターを捨てる」などして3分タバコを吸えない状況にしてやりすごします。3分間さえ乗り切れば、その後も乗り切ることができます。この方法でやめられた人もいるので試してみるとよいでしょう。

禁煙のメリットとは

長いあいだタバコを吸っているとなかなか禁煙はできないものです。なにかきっかけがあればいいのですが、よく言われている健康と病気に喫煙は大きく関わっています。ここで言えることは長いあいだタバコをすっていた人も今からでも遅くないので禁煙を行うことです。それは禁煙することのメリットがとても大きいためです。タバコを吸っていても健康だと思っている人は多いかもしれません。しかし実際は体力が衰えていたり疲れていたりその回復力も衰えているのです。健康を改善するためには若いうちに行う方がより効果は高いです。長いあいだタバコを吸っている人もすこしでも早く禁煙をするほうが良いということは言えます。そのメリットとしては、まず体力が戻ってきます、少し運動してもこれまで息切れしていたものがなくなってきます。イライラとともに倦怠感があったものがなくなってきます。また顔色も良くなってくるとともに肌の艶も若々しくなってきます。まず禁煙をすることで胃の調子も良くなってきて美味しく食事をすることができるようにもなり、消化や吸収が良くなるということです。そしてイライラもなくなり睡眠も十分にとれるようになることで体調が良くなって、体力も戻ってくるということにもつながるのです。またタバコを吸うと血管が縮まって血行が悪くなるのです。その結果肩こりなどの症状が現れたり、肌の色艶もよくないといったことだけでなく、心臓などへの疾患にも影響を及ぼすことにもなるのです。やはり禁煙は健康や病気への影響を考えてもそのメリットがあるということと、他にもタバコにかかる費用などを抑えるということもできます。その費用を健康にあてるということもできます。

禁煙後の再発防止に備える

難しいことには違いありません。禁煙そのもが難しいのですが、一度成功した人が、ちょっとした油断から、再び喫煙者の仲間入りすることは珍しくないからです。1週間ぐらい禁煙に成功すると、「その気になればできる」という一種の自信が持てますので、それならば本当にやめるのはもう少し先とか、もう少し歳を取ってからでも大丈夫だといいうことで、煙草の魔力に負けてしまうからです。実は、煙草は麻薬と一緒という説を唱える人がいます。もちろん、麻薬そのものとは違いますが、誘惑という視点や、止めてもまた引き込まれるということや、すぐに直接的なダメージを被らないという点では共通なことがあるのではないでしょうか。1本吸ったからといって、身体に変調が起きるわけでなく、むしろ気分転換に役立つし、ストレス解消にもいいという具合です。癌になり易いと言うけれど、確率的に見てみると、禁煙者とそれほど大きな差異は認められないから、深刻に受け止めることもないということもあります。中には、税金を納めることで、世の中に貢献しているとうそぶく人さえいます。しかし、煙草が生活習慣病を悪い方へ後押しすることは誰しもが承知していることで、「百害あって一利なし」はわかっていることのはずです。でも、止めない人が結構いるのも事実です。問題は、一旦止めても、口元の寂しさや、のどの渇きや、手持無沙汰から、また手を出し、1本くらいならとか、すぐにどうということにはなならないという気持ちが働くことにあります。肺がどす黒い色に変わっていること、誘惑に負けるとずるずると行ってしまうこと、いずれは自分で火を消せなくなること、周囲に受動喫煙などで迷惑をかけ続けることなどを肝に銘じること、そして麻薬と同じ性質であることを強く自分いい聞かせ、「自分を誰かもう一人の大切な人と思い」、行動にすることが、再発防止の最大の備えになります。